投資とは?いろんな投資方法と今後の世界の動きに大注目!

投資は株だけではない

投資は株だけではありません。預金も実感は沸かないと思いますが、投資です。なので金利の高いところに預金するといいと思います。アメリカ人はしょっちゅう金利の高いところに移しているそうです。日本人もそこは見習わうべきではないでしょうか。また、債券も投資です。一番有名なのは国債ですが、金利が低すぎます。社債なんてのもあります。最近では金利の高いソフトバンク社債が発行されました。債権は株と比べるとリスクが低いぶん、利益を得るにはあまり向いていません。

債券

外国国債、外国債券なんてのもあります。新興国は通貨の価値を高めるために金利が高めに設定されています。ロシアやインドなどの国債をみればわかりますが、先進国に比べてかなり金利が高いです。もちろん外国の通貨に変えるので、元本割れリスクはありますが、将来性のある国に投資をすれば通貨高も伴って二重に利益を得ることができます。

債券は企業や地方自治体、国がお金を貸してもらう時に発行するものです。そして投資信託はプロが個人に代わってお金を運用することを言います。

投資信託

投資信託は利息をすぐに受け取るものと、その利息を運用に回すふたつの方法がありますが、運用に回す方がトータル的には利益が出ると言われています。雪だるま式と言えばわかりやすのではないでしょうか。

まとめ

これからは激動の時代です。日本がBitcoinを通貨として認めたのも、時期に仮想通貨がこの国の通貨になるからではないかと言われています。今後はさらに投資の対象が増えて行く可能性が大きいのではないでしょうか。

初心者が投資をする場合は分散することが重要

少額から始めよう

日常生活の中で、現在の収入にプラスしてお金を増やすという事は難しいものです。

特に、社会人の方であれば副業が出来ない企業も数多いため、働きに出るという事が出来ない人も多いです。

その時に、人気になっているのが投資です。近年は、サラリーマンの方でも気軽に投資が出来る様になっている為、初心者の方が参入するケースも多いです。

特に多いのが、株式投資やFXで数千円からの少ない金額から投資することが可能です。

しかし、投資をする上では気を付けなければならない事も多くあり、特に初心者の方であれば投資する金額が少ないため、1ヵ所に大きく投資をする方がいます。

購入した銘柄が少しでも収入となれば、大きな利益となりますが失敗したときの損失も多くあり、安全な投資とは言えない為、注意が必要です。

分散投資の重要性

もし、初心者の方が利益になるように投資をする場合は、分散して投資をする事が重要です。

購入する銘柄を複数にしてみたり、1つの銘柄を投資したい場合であれば、時期をバラバラにして購入する事も分散投資の基本です。

そのような投資方法であれば、大きな損失になるケースを避ける事が出来ますし、コンスタントに利益を出す事にもつながります。

また、分散投資をしている期間に株式投資やFXなどの基本を勉強していけば、数ヶ月後にはしっかりとした知識を持ったうえで、取引をする事が出来ます。

株式投資やFXは知識がとても重要な投資のため、初心者の方であれば最初は安全な分散投資をする事が大切です。

FXを賭け事ではなく投資として行うための方法

賭け事というと競馬、競輪などを思い浮かべますが、FXは賭け事でしょうか?答えはやり方により賭け事にもなり投資にもなります。もしFXを賭け事として行った場合には大きな出費となってしまいます。そこでFXを投資とするための方法をご紹介します。

必勝の取引ポイントは無い

FXで売買を行うポイントとして長短のトレンドを参考にしたり、チャートやMACDなどのテクニカル分析を行ったりして判断します。この段階でFXは賭け事であると考えるべきです。なぜなら絶対に勝てる取引ポイントなど存在しないからです。この点は競馬に例えると馬の血統、直近の成績、馬場などの情報を基に馬券を買う行為と変わらないのです。まず必勝の取引ポイントは無いと認識することから、FXを投資として行うことができます。

決済タイミングが全てを決める

FXと賭け事の最大の違いは決済時期を自分で判断できることです。競馬などの賭け事の場合はファンファーレが鳴るとただ見守るしかできないのです。しかしFXでは馬のゴール位置を自分で決定することができます。この判断を合理的に行うことによりFXは投棄から投資へと変わります。

具体的に例をあげると、売買を行った直後から損失が増えてきたとします。ここで資金の5%を超える損失が発生した場合に、損切することが合理的な決済です。もちろん資金の5%ではなく別の損切ルールを決めるのもよいでしょう。いずれにせよ事前にルールを決めそれに基づいて実行することが合理的な決済であり、FXを投資として行うことになります。

FXを賭け事にするとひと時で資金を失ってしまいます。利益をあげるためには是非とも投資としてFXを行ってみてください。

投資をこれから始める人がどういう風にしたら良いのか

投資と博打は違う

これまで投資をした事がないという人の多くは投資は博打と同じものだと思っている人が多いです。

そのせいで投資を最初からやらないと思ってしまう人が多いです。

ですが、それは大きな間違いです。確かに投資で失敗する人が多いの確かです。

でも、その逆に成功する人もいます。それは別に博打で勝っているというわけではないです。

もし、投資が本当に博打の要素しかないので投資家と呼ばれる人が存在するはずないからです。

それは投資のノウハウについて熟知しているからこそ投資で利益を出し続ける事ができているのです。

 

ですが、安易に投資の世界に足を踏みれた人の多くは投資を博打と思って始める節があります。

そうやって投資の素人が投資を始めても負けるに決まっています。

例えば最近ではFX取引というの人気がありますが、これもマスコミが投資の素人の主婦が大勝ちしたという事を言って一気に投資の初心者にも広まったのですが、何も対策を立てずに始めても勝てるわけでないです。

当然FX取引もそのノウハウを学ぶ必要があります。一番の基本はチャートの動きを学ぶ事です。それでこの局面ではこうするという事を学んでようやくFX取引をやる必要があります。

これは株取引でも同じ事が言えます。どの局面で売るか買うかという事をしっかり学んでから始めないとなんとなく様子を見ているうちに大損をしてしまいます。

ここが投資のプロと素人の差でプロはどういう局面でどうしたら良いか分かっています。

ですから、投資を始める人はいきなり投資を始めるのでなく、チャートの動きを見て研究をする必要があります。

それで投資の初心者も十分勝算が出てきます。