投資をこれから始める人がどういう風にしたら良いのか

投資と博打は違う

これまで投資をした事がないという人の多くは投資は博打と同じものだと思っている人が多いです。

そのせいで投資を最初からやらないと思ってしまう人が多いです。

ですが、それは大きな間違いです。確かに投資で失敗する人が多いの確かです。

でも、その逆に成功する人もいます。それは別に博打で勝っているというわけではないです。

もし、投資が本当に博打の要素しかないので投資家と呼ばれる人が存在するはずないからです。

それは投資のノウハウについて熟知しているからこそ投資で利益を出し続ける事ができているのです。

 

ですが、安易に投資の世界に足を踏みれた人の多くは投資を博打と思って始める節があります。

そうやって投資の素人が投資を始めても負けるに決まっています。

例えば最近ではFX取引というの人気がありますが、これもマスコミが投資の素人の主婦が大勝ちしたという事を言って一気に投資の初心者にも広まったのですが、何も対策を立てずに始めても勝てるわけでないです。

当然FX取引もそのノウハウを学ぶ必要があります。一番の基本はチャートの動きを学ぶ事です。それでこの局面ではこうするという事を学んでようやくFX取引をやる必要があります。

これは株取引でも同じ事が言えます。どの局面で売るか買うかという事をしっかり学んでから始めないとなんとなく様子を見ているうちに大損をしてしまいます。

ここが投資のプロと素人の差でプロはどういう局面でどうしたら良いか分かっています。

ですから、投資を始める人はいきなり投資を始めるのでなく、チャートの動きを見て研究をする必要があります。

それで投資の初心者も十分勝算が出てきます。